FIX窓(はめ殺し窓)とは?採用のメリットとデメリットを徹底解説

4 min 473 views
FIX窓(はめ殺し窓)とは?採用のメリットとデメリットを徹底解説

FIX窓って何?
どんな目的で使用するのかな?

カウくん

カウくん

FIX窓とは、開閉できない窓で、主に採光やデザインを目的に使用されます。

本記事では、FIX窓と普通の窓の違いや、メリットデメリット、どんな場所に採用するのがおすすめかについて詳しく説明します。

記事の内容
  • FIX窓とは何か
  • FIX窓のメリットとデメリット
  • FIX窓はどこに採用するか
ライス

ライス

わが家はリビング吹き抜けに採用したのですが、実際の使用感もふまえて正直なところをお話しますね!

FIX窓とは

FIX窓とは、開閉ができないよう固定(FIX)された窓のことです。

別名「はめ殺し窓」とも言われています!

は、はめ殺し…!?コワイ…!

カウくん

カウくん

ライス

ライス

窓を「はめこんで」開閉を「殺す」って意味ね!

FIX窓のメリット

FIX窓を採用するメリットって何?

カウくん

カウくん

ライス

ライス

ざっくり言うとこんな感じ!

FIX窓のここが最高!
  • 大きな窓でしっかり採光できる!
  • デザイン性の高い家になる!
  • 子どもが落下する危険性がない!
  • 気密性が高い!
  • 防犯性能が高い!

基本的には採光デザインを目的として採用することになると思います。

しかし、これ以外のメリットもたくさんあるので、詳しく解説していきますね。

大きな窓でしっかり採光できる

FIX窓を採用する理由に「大きな窓にできる」という点があります。

え、普通の窓は大きくできないの?

カウくん

カウくん

ライス

ライス

できるはできるけど、FIX窓の方が向いてるんだよ!

開閉する普通の窓は、大きさに制限があります。

また、開閉する窓を大きくすると、重さの関係で窓枠(サッシ)も大きくしなければならないため、大きな窓にはFIX窓が最適だと言えます!

なるほど!ところで大きい窓にするメリットはどんなもん?

カウくん

カウくん

ライス

ライス

メリットはこんな感じ!

大きな窓にすることで得られるメリット
  • 光をたくさん入れられる
  • 家の中からの眺めがいい

大きなFIX窓であれば、たくさん日の光を取り込むことができます。

それだけでなく、デザイン面でも大きなメリットがあるんですよね。

窓枠の面積を減らすことで、スッキリしたオシャレなデザインになるのでおすすめ。

ライス

ライス

わが家はリビング吹き抜けに採用しました。
昼間は光が差し込んできて暖かく、夜は月や星を見ることができて最高です!

デザイン性が高いおしゃれな家にできる

FIX窓は開閉する必要がないので、丸型や細長いデザインにすることもできます。

デザイン性が高い窓は外からの見た目がとてもおしゃれになるので、人の通り道側に採用したいですね。

ライス

ライス

わが家は通り道側に縦長のFIX窓を3枚並べて設置しました!めっちゃおしゃれですよ!(自慢)

子どもが落下する危険性がない

最近では2階にリビングを配置することも珍しくありません。

リビングの窓は大きくして日の光取り込みたいけど、小さい子どもが窓から落ちてしまうのではないか…?と心配ですよね。

ライス

ライス

そんな時はFIX窓!

FIX窓は開閉できないので、当然ですが窓から落ちることはありません。

小さな子どもがいても安心できますよね。

2階にリビングやダイニングをつくる場合、大きなFIX窓まどを採用することで落下防止をしつつ日光を多く取り入れることができるので検討してみてはいかがでしょうか?

気密性が高い

開閉する窓には構造上どうしても隙間があり、そこから直接空気が通り抜けてしまうんですよね。

花粉や冷機が家の中に侵入してしまうこともあるようです。

一方、FIX窓は壁にはめ込まれているため気密性抜群。

高い気密性のおかげで花粉症の人や冷暖房効率を心配する人も安心して暮らせます!

冷え性で花粉症だからFIX窓ありがたい…!

カウくん

カウくん

換気ができなくなってしまいますが、最近の住宅は24時間換気システムがついていたりするので、問題ないですよね。

ライス

ライス

うまく工夫し対策しましょう!

防犯性能が高い

窓の開閉がないため、窓の閉め忘れや鍵のかけ忘れによる空き巣の心配はなくなります。

あと当然ですが「窓を開けっぱなしで急な雨にやられる」ということもありません。

安心して暮らせるの、大事ですよね!

カウくん

カウくん

FIX窓のデメリット

FIX窓にもデメリットがあります。

充分に理解してから採用しましょうね!

FIX窓のここがイマイチ…
  • プライバシーの保護に気をつかう
  • 掃除が大変
  • 熱が逃げやすい

プライバシー保護に気をつかう

メリットで紹介したように、採光や解放感を取り入れるために大きな窓にする場合、外からの視線も入りやすくなるので注意です。

たとえばFIX窓にはくもりガラスを採用するとか、外から覗かれないように配置する場所や角度を工夫するなど。

ライス

ライス

実はわが家はあまり考えずに配置してしまいました…。

わが家は頑張れば隣の家から覗き込める位置に大きなFIX窓を設置してしまったんですよね。

覗いてくるお隣さんではありませんが、少し気になります。

プライバシーをしっかりと守る工夫が必要だね!

カウくん

カウくん

掃除が大変

FIX窓を2階に採用した場合、外側の掃除が難しいです。

まだ住んで1年以内なので、そこまで汚れで困ってはいないのですが「鳥のフンがついたりしたらどうしよう」と考えると夜も眠れません。

もし気になる汚れがついてしまったら高圧洗浄機を買おうと思います。

大きな窓は熱が逃げやすい

窓の断熱性能は断熱材が入った壁に比べるとどうしても劣ってしまいます。

繰り返しになりますが、FIX窓は大きな窓にすることが多いので、その分熱が出入りしやすいんですよね。

ライス

ライス

窓の近くに立つと寒い…!

内気と外気の差で、窓に結露ができやすくなってしまうことも。

とはいえ、FIX窓に断熱性の高いペアガラスやトリプルガラスにすることである程度対策できるので、そこまで神経質にならなくてもいいかもしれません。

FIX窓を使うおすすめの場所

FIX窓を設置するのにおすすめの場所を紹介します。

FIX窓はここに使おう!
  • リビング吹き抜けの上
  • 2階リビング・ダイニング
  • 天窓(トップライト)

繰り返しになりますが、採光やデザインを目的として設置するのがおすすめです。

住宅密集地では、お隣さんとの距離が近いため、採光が難しいですよね。

天窓(トップライト)をFIX窓にすることで天井から日の光を取り込めるのでおすすめ。

ライス

ライス

UVカットガラス推奨です!

FIX窓まとめ

FIX窓のここがイマイチ…
  • プライバシーの保護に気をつかう
  • 掃除が大変
  • 熱が逃げやすい
FIX窓のここが最高!
  • 大きな窓でしっかり採光できる
  • デザイン性の高い家になる
  • 子どもが落下する危険性がない
  • 気密性が高い
  • 防犯性能が高い

メリットが大きいですが、デメリットもあります。しっかり理解したうえで採用しましょうね!

個人的には、リビングのソファーに腰を掛けて、吹き抜けのFIX窓から青空や星を眺めることができ、最高に気に入っています。

ライス

ライス

リビング吹き抜けを考えている人は絶対やるべきですよ!

ということで今回はここまで。ライス(@rice_papat)でした。ありがとうございました。

ライス

ライス

おっと

普段は子どもらを寝かしつけてから妻と2人でブログを書いてます。田舎である地元に完全注文住宅でマイホームを建てました。スマートホーム推進中。

FOLLOW

カテゴリー: